1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

スポンサーリンク

2015/08/17

ミスチルTour「未完」東京ドーム8/16〜全曲詳細レポートpart1【ネタバレあり】

スポンサーリンク

前の日記の続きになります。
ミスチルTour「未完」東京ドーム8/16〜セットリストと感想【ネタバレあり】

8/16に、スタジアムTour「未完」の東京ドーム公演に行ってきました!
ミスチルTour「未完」東京ドーム8/16〜全曲詳細レポートpart1【ネタバレあり】
その「全曲詳細レポート」になりますので、これから公演に参戦される方はご覧にならないでくださいね。^^
以下、ネタバレになります!

※この「全曲詳細レポート」は僕の記憶で書いているので、実際のものとは違うとこがあると思います。
また、MCで話している内容も一言一句、合ってないです。(ご了承ください。。^^

セットリスト

  • 01. 未完
  • 02. 擬態
  • 03. ニシエヒガシエ
  • 04. 光の射す方へ
  • 05. CHILDREN’S WORLD
  • 06. 運命
  • 07. FIGHT CLUB
  • 08. 斜陽
  • 09. I Can Make It
  • 10. 忘れ得ぬ人
  • 11. and I love you
  • 12. タガタメ
  • 13. 蜘蛛の糸
  • 14. REM
  • 15. WALTZ
  • 16. フェイク
  • 17. ALIVE
  • 18. 進化論
  • 19. 終わりなき旅
  • 20. 幻聴
  • 21. 足音 ~Be Strong
  • 22. I wanna be there
  • 23. overture~蘇生
  • 24. fantasy
  • 25. Tomorrow never knows
  • 26. innocent world
  • 27. Starting Over


座席について

今回の公演の座席もTour「REFLECTION」長野公演と同じくらい良い席でした!!
ここです。
ミスチルTour「未完」東京ドーム8/16〜全曲詳細レポートpart1【ネタバレあり】

この席、奇跡ですよね!

サイドステージとメインステージの真ん中くらいで前から10列くらいなので、中川さんが斜め左にいらっしゃいました。
なので、ミスチル4人の演奏する姿が双眼鏡なしのスクリーンなしで見れた。。泣
(もう今年の運は使い切りました。^^

OPENING

17:05ころ、会場全体の照明が消えて真っ暗になりました!

この瞬間はいつも鳥肌がたちますね。^^


「OPENING」の映像は、画家の「マグリット」が描きそうなタッチのアニメーションでした。
ミスチルTour「未完」東京ドーム8/16〜全曲詳細レポートpart1【ネタバレあり】
ナレーションが「英語」なので「日本語の字幕」がそのアニメーションの下部に書かれてました。
(ナレーションが英語のアニメーションって、ミスチルLIVE初かな!?)

庭のベンチに佇んでる「小太りの老人」が物思いに耽ってるシーンから始まり。
その物思いに耽っている内容は…

世の中は分からないことだらけで、実際には分かっているようで分かっていないことが多い。
でも、それを分かろうとする。

その行為を、目の前に落ちてきた1枚の鳥の羽を例に論を展開して。

この羽は、「鳥が銃で撃たれた後に落ちてきた羽」か。
または「鳥が大空を飛び立とうとしたときに落ちてきた羽」か。
または「別の状況で落ちてきた羽」か。
真相は分からないですが、あなたの想像力次第でいろんな捉え方ができる。


そして、男女2人の少年少女が手をつないでいるシーンになって、女の子が鳥にさらわれてしまって、男の子が助けようとしたが鳥カゴに入れられて身動きができなくなります。
その鳥かごから少年は何とか脱出して、その鳥を追いかけるシーンで終わりました。

未知の世界に自ら踏み入れようとする意志を表現したんでしょうか。。

見る側が惹き込まれる内容のアニメーションでした。。
LIVEの導入としては申し分ないですね。^^

未完

注目の1曲目は「未完」でした。

Tour「REFLECTION」では最後の曲で、このTour「未完」では1曲目となりました。

これは、2つの「Tour」が繋がってるという意味合いで選曲したのでしょうか。。

※1994年「Tour innocent world」の最後の曲で「Dance Dance Dance」を演奏して、同じ年の「Tour Atomic Heart」の1曲目で「Dance Dance Dance」を演奏したのと同じやり方ですね。^^

また、最後の曲にも最初の曲にもなり得るということで、この「未完」は、あの「終わりなき旅」にも通じる曲だと思いました。。

※「終わりなき旅」は「Tour 2004 シフクノオト」では1曲目で演奏して、「STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-」では最後の曲として演奏されました。

・Tour「REFLECTION」のとき、この「未完」は最後の曲で演奏したからか、ミスチル全員が気合い入っていてテンション高めで演奏されてた印象がありましたが。
昨日の「未完」はテンション抑えめで演奏してたように見えました。。
(この曲は感情的になればなるほどカッコいいと思うので、少し残念でした。。^^

・ちなみに、僕個人の1曲目予想は「ROLLIN’ ROLLING 〜一見は百聞に如かず」でした。^^

いいかい そこの御主人
耳をかっ穿って よく聞いてってくれ

で、LIVEがスタートするかなと。。^^

擬態

「擬態」いいですねー。
大好きな曲なので、聴けて嬉しかったです。(LIVEでは初めて聴きました。^^

・「未完」のときはエレキギターを弾いてた桜井さんが、この「擬態」ではハンドマイクで、センターステージと左右のサイドステージを移動しながら歌ってました。

それには観客、大歓声!

そんな移動中に僕の目の前に桜井さんが!

僕はずっと桜井さんを見てて(キモい。^^)、少し目が合ったような。。
(もちろん錯覚ですが。。)
幸せですねー

・ステージバックの「スクリーン」ではアニメーションが流れてました。
2番のサビ

〝効きます〟と謳われたあらゆるサプリメントは

のとこでは、「サプリメント」が大量に描かれた映像を流して。

大サビの

富を得た者はそうでない者より

のとこはお金(札)が描かれた映像で。

障害を持つ者はそうでない者より

のとこは、「車椅子に乗る少女」が描かれたアニメーションを流してました。。
細かい演出ですねー

ニシエヒガシエ

曲が始まる前に、「OPENING」のアニメーションと同じタッチの映像がスクリーンに流れてて。
「マグリット」の作品にタッチが似てる。。
ミスチルTour「未完」東京ドーム8/16〜全曲詳細レポートpart1【ネタバレあり】
そのアニメーションでは「人」や「動物」が両手を高く挙げて手拍子をしています。
それに合わせるように

あの田原さんも両手を高く挙げて手拍子してました!

田原さんのこういう行動初めて見ました。。^^
それにつられて観客も手拍子を。

その手拍子から「ニシエヒガシエ」のイントロが始まりました!

そのイントロでドラムが入るシーン

ドタン、ドタン、ドドドドの最後の音で「特攻」(爆発音)が!

それには観客大歓声!
テンションMAXですねー

・桜井さんは「擬態」に引き続いて、ハンドマイクでステージを駆けまわってました。
「エンターテイナー」ですね。^^

・2番が終わっての「間奏」がCD音源とは違って、初めて聴いたアレンジでした。
ドラムとベースのリズムが激しいなか、田原さんは音を伸ばしてフレーズを弾いてました。
すごいかっこ良かったです。

・曲のアウトロで桜井さんが叫んでました。
最近の「ニシエヒガシエ」での定番ですね。


この日記の続きはこちら
ミスチルTour「未完」東京ドーム8/16〜全曲詳細レポートpart2【ネタバレあり】

rAmazonで「ヒカリノアトリエ」を購入!

スポンサーリンク

未完 - Tour

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ

ミスチルのチャット旅