1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

2017/08/06

ミスチル「TOUR 2017 Thanksgiving 25」8/5日産スタジアム公演のセットリストと感想【ネタバレあり】

TOUR 2017 Thanksgiving 25

¡ 3,934 views

みなさん、こんにちは。
昨日、日産スタジアム公演に参戦しましたのでそのセットリストと感想を書きたいと思います!
以下、ネタバレになりますのでご注意ください。

開演前。席に着くまで。

日産スタジアムがある最寄り駅に「小机駅」(徒歩7分)と「新横浜駅」(徒歩15分)があります。
僕は小机駅から日産スタジアムに向かおうとしていたのですが、その小机駅に着くまでの横浜線「菊名駅」からミスチルファンで埋め付くされていました!
そのとき時刻は15時50分。ホーム内は人だかりで歩くのもやっとでした。

そして、その菊名駅から小机駅までの電車(横浜線)に乗るのも1回見送った後、やっと乗って小机駅に着くと。
今度は小机駅に人だかりが。。
そして、日産スタジアムの東ゲートに行くまで道を迂回しながらやっと「グッズ売り場」「会場前」まで着くことができました!
ミスチル「TOUR 2017 Thanksgiving 25」8/5日産スタジアム公演のセットリストと感想【ネタバレあり】
ミスチル「TOUR 2017 Thanksgiving 25」8/5日産スタジアム公演のセットリストと感想【ネタバレあり】

そのとき時刻は開演15分前の16時45分でした!

そして、ここからが大変で。。
アリーナ席に行くための入り口がすごい狭く、2階から1階に降りる階段まで長蛇の列で少しずつ進みながら1階のアリーナ席へと向かいました。
20分かけてやっと1階のアリーナ席へと向かう出口に辿り着き。。
ミスチル「TOUR 2017 Thanksgiving 25」8/5日産スタジアム公演のセットリストと感想【ネタバレあり】
席に着いたのが17時15分で、着いた瞬間オープニングが始まりました!
※席はアリーナ席の101列目でしたので、メインステージやセンターステージにいるミスチルは小さく。スクリーン映像を見ながらの鑑賞でした。

東京ドーム公演との違いを中心に。。

僕は運良く「TOUR 2017 Thanksgiving 25」は前回東京ドーム公演にも参戦していますので、この「日産スタジアム」で2回目の参戦となります。
なので、これから書くことは主に東京ドーム公演との違いを中心に書きたいと思います。

東京ドーム公演についてまとめた記事


セットリスト

気になるセットリストはこちらです。

  • 01. CENTER OF UNIVERSE
  • 02. シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~
  • 03. 名もなき詩
  • MC
  • 04. GIFT
  • 05. Sign
  • MC
  • 06. ヒカリノアトリエ
  • MC
  • 07. CROSS ROAD
  • 08. innocent world
  • 09. Tomorrow never knows
  • MC
  • 10. Simple
  • 11. 思春期の夏~君との恋が今も牧場に~
  • 12. 365日
  • 13. HANABI
  • MC
  • 14. 1999年、夏、沖縄 ~ MC 
  • 15. 足音 ~Be Strong
  • 16. ランニングハイ
  • 17. ニシエヒガシエ
  • 18. himawari
  • 19. 掌
  • 20. Printing ~ Dance Dance Dance
  • 21. fanfare
  • 22. エソラ

アンコール

  • 23. overture~蘇生
  • 24. ポケットカスタネット
  • 25. 終わりなき旅

東京ドーム公演とセットリストを変えてきましたね!

曲数も3曲減りました。(野外なので暑さ対策のためでしょうか。。)

東京ドーム公演のセットリスト

  • 01. CENTER OF UNIVERSE
  • 02. 箒星
  • 03. シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~
  • 04. youthful days
  • MC
  • 05. GIFT
  • 06. 君が好き
  • MC
  • 07. ヒカリノアトリエ
  • 08. CROSS ROAD
  • 09. innocent world
  • 10. Tomorrow never knows
  • 11. 車の中でかくれてキスをしよう
  • 12. 思春期の夏~君との恋が今も牧場に~
  • 13. 抱きしめたい
  • 14. Any
  • 15. 名もなき詩
  • 16. 1999年、夏、沖縄 ~ MC 
  • 17. こんな風にひどく蒸し暑い日
  • 18. ランニングハイ
  • 19. 掌
  • 20. ニシエヒガシエ
  • 21. himawari
  • 22. 足音 ~Be Strong
  • 23. Printing ~ Dance Dance Dance
  • 24. everybody goes~秩序のない現代にドロップキック~
  • 25. fanfare
  • 26. エソラ

アンコール

  • 27. Overture ~ 蘇生
  • 28. 終わりなき旅

今回、新しく追加された曲

  • Sign
  • Simple
  • 365日
  • HANABI
  • ポケットカスタネット

残念ながら漏れた曲

  • 箒星
  • youthful days
  • 君が好き
  • 車の中でかくれてキスをしよう
  • 抱きしめたい
  • Any
  • こんな風にひどく蒸し暑い日
  • everybody goes~秩序のない現代にドロップキック~


個人的には「Simple」「HANABI」「ポケットカスタネット」を聴けて嬉しかったのですが。
「youthful days」「everybody goes~秩序のない現代にドロップキック~」は聴きたかったなぁと思いましたが。。
みんなが望むセットリストを実現するのは難しいですからね。^^

LIVE中に起きた出来事

昨日の日産スタジアム公演もハプニングあり、笑いあり、感動ありで中身の濃いLIVEでしたよ!
ここからはLIVE中に起きた出来事を中心に振り返りたいと思います。

「Sign」演奏中に

このLIVEは野外でのLIVEなので、17時15分に開演したときはまだ陽が落ちてなく空は青かったです。

5曲目の「Sign」のときも空は青く、「飛行機雲」が飛んでました!

陽が完全に落ちて、空が真っ暗になったのは17曲目の「ニシエヒガシエ」くらいのときで。
そのときからかっこいい照明が会場を照らしました!

JENさんのMCで。。

東京ドーム公演に引き続き、センターステージで「ヒカリノアトリエ」を演奏する前、その移動中はJENさんがマイクを持ってMCをしました。

Yeah!
みんな元気かい!?

などの掛け合いをしながら。

空を見上げてごらん。

と観客にリクエストして、それに応えて空を見上げてみると。。

バカみた〜い!

と言われました。^^

JENさんのMCが続いて。

さっき新しいTシャツに着替えたばかりなのにもう汗だくだくで。
でも今はそういうときのために汗を吸い取ってくれるものがあるんですよね。
(Tシャツをめくって、チラッ。観客大歓声。)

(JENさんがTシャツをめくって、汗吸収のメッシュ柄の肌着を見ながら)
どうした!?外へ出たいのか!?

とエロスを交えながら話しているところに後ろから桜井さんが近づいてきて、抱きついて手をJENさんの腰や胸に当てて観客は大歓声!
みんなが和んだ瞬間でした。

桜井さんが暑さでやられる!?

「ヒカリノアトリエ」の演奏する前の桜井さんのMC

サポートメンバー4人を含むこの8人のバンドに名前を付けようとして。
ヒカリノアトリエと


あれ、なんだっけ。。
ヒカリノアトリエと。。虹を描くだから。。
「Mr.Childrenとヒカリノアトリエで虹を描く」
というバンド名をつけました。

暑さで頭をやられたからバンド名が出てこなかったです。(笑)


と「Mr.Childrenとヒカリノアトリエで虹を描く」というバンド名を思い出すのに少し時間がかかってました。
※「東京ドーム公演」と「日産スタジアム公演」に参戦すると分かりましたが、桜井さんはMCで話す内容はほぼ変えてません。
なので、それを記憶して同じように話して曲に繫げることだけで凄いなぁと思いましたが。。

桜井さん。。頼まれてもないのに。

「CROSS ROAD」の演奏前の桜井さんのMC

これから演奏する曲はMr.Childrenが初めてドラマ主題歌を手掛けた曲になります。
そういえば僕はその頃、ドラマの主題歌とかCMソングとか頼まれてもいないのに作曲してた時期でした。(笑)

桜井さん、頼まれてもいないのに作曲してたんですね!

その当時、ドラマ主題歌やCMソングを手がけることが曲が売れる条件の1つだったので、ミスチルを売り出すために研究していたということですね。
それを桜井さんが話した瞬間、思わず笑ってしまいました。。^^

「Simple」作曲の背景

「Simple」演奏前の桜井さんMC

これから擬人法を用いて話すので国語が苦手な人はキョトンとしてしまうかもしれないですが。。
作詞、作曲をしているとき曲が命令するんです。
これを鈴木英哉、中川敬輔、田原健一、桜井和寿で演奏しろと。
(観客キョトン。。)
ってやっぱり キョトンとしちゃいましたね。(笑)

ではそんな曲を歌います。


と話した後、桜井さん1人でセンターステージで「Simple」を歌いました!
でも、実際にこの「Simple」を作った1998年当時は現在の奥さんに送った曲だと思っています。
ちょうどミスチルが活動休止中のときで、メンバーとあまり接点がない時期だったので。。

桜井さんの想定外の出来事が。。

「HANABI」の演奏中、2番のサビが終わった後。

滞らないように
揺れて流れて
透き通ってく水のような
心であれたら


の大サビで桜井さんが歌わなかったので、観客は合唱するものだと思い。

ここの部分を観客みんなで歌いました!


その大サビを合唱した後、改めて桜井さんが大サビを歌い最後のサビを歌って曲が終わり、その直後のMCで。

すごいところを歌えるんだね!
びっくりしました!
想定外のことでびっくり。


と桜井さんが話して観客は大爆笑!

ミスチルファンならどの部分でも歌えますよね。

「fanfare」のイントロギターで田原さんが。。

このLIVEで田原さんの衣装は白のジャケットに白のフリルシャツを着てました。(オーケストラ演奏者のよう)
他のメンバーはLIVEの合間やアンコール前で衣装を着替えてましたが、田原さんはずっとその衣装でした。

そんな田原さんが「fanfare」のイントロのギターのフレーズを間違えてしまい。(バンドが入る前のギターソロのフレーズ)

一瞬、曲が止まってしまうというハプニングが!!

そのまま曲が止まってどうなるのかと思っているところに、また次のリフ(次の小節)でフレーズを弾いたのでそのまま曲が続きました!

ミスチルのLIVEは生演奏だ!

と分かった瞬間でしたね。^^


LIVEの感想

東京ドーム公演との違いを中心に書いていきました。
なので、「1999年、夏、沖縄」の演奏中のMCや「終わりなき旅」のアウトロの演奏など。この日産スタジアム公演でも同じく感動したのですが、敢えてこの記事ではそのことには触れず。。
※気になる方は「東京ドーム公演」のレポートをご覧ください。

野外でのLIVEだったので屋内とは違って音が反響しない分、ベースの音やギターの音が小さかったように思えます。
また日産スタジアムというバカでかい会場だったので、ミスチルの姿を肉眼で見ることはできずスクリーン映像越しでの鑑賞となってしまいました。

とは言え、そのなかでもミスチル。特に桜井さんが一生懸命歌う姿が脳裏に焼き付いてしょうがないです。
先週はap fesでのLIVEがあり、その前はドーム公演。ホールツアーと。LIVEが続いて体調や精神状態を整えることだけでも大変なのに常に全力を出そうとする桜井さんの姿に感動してしまいました。
それは「1999年、夏、沖縄」の演奏中に桜井さんが話してた。

25周年を迎えて何となく気づいてることがあって、それはいつかこの活動が終わってしまうということです。
同じ時期にデビューした人や周りの友人で病気になってしまった人、また亡くなってしまった人がいて。
永遠に音楽を続けることの難しさを感じてます。
だからこそこうやって今ステージにいること。
みんなと向きあってることを大切にして。
1つ1つのフレーズ、メロディを奏でたいと思ってます。


を実際に示しているようで、いち人間として「凄い人だなぁ」って改めて感じました。
またミスチルのLIVEに参戦できることを楽しみに頑張らないといけないですね。
「ありがとう!ミスチル。」
ミスチル「TOUR 2017 Thanksgiving 25」8/5日産スタジアム公演のセットリストと感想【ネタバレあり】

rAmazonで「ミスチル商品」を購入!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ