1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

スポンサーリンク

2015/06/20

ミスチル「NHK SONGSスペシャル」で気になったところをまとめてみた。

スポンサーリンク

今週の月曜日と昨日の金曜日に放送されたNHK「SONGSスペシャル」でミスチルが特集されましたね。
みなさんはご覧になられましたでしょうか。
ミスチル「NHK SONGSスペシャル」で気になったところをまとめてみた。

この番組を見て、僕が気になったところをまとめてみました。
※画像を載せられないので伝わるかどうか心配ですが。。^^

小林さんが参加していたときのレコーディング

小林さんがエンジニアブースの真ん中の席に座り、桜井さんに話しかけるシーンあり。
また、エンジニアの今井さんと話しているシーンがありました。

その間、中川さんは端の席に座っていて、その奥に田原さんは立っていて輪に加わってない感じでした。

こういう環境について、桜井さんは

メンバーはまず小林さんの動き出しを見て、その次にどうするかを考える

と話していました。
それを象徴とするシーンですね。

小林さんから離れてすぐの頃

足音〜Be Strong」の前バージョン、「ノブナガ」の制作時

あれ、分かんなくなってきたな。

と桜井さんが悩むシーンがありました。

また、その「ノブナガ」のレコーディング時、JENさんが桜井さんにアドバイスをするも。

どれが?
どの曲で?

とイライラする桜井さん。

小林さんから離れてもやれる自信があったという桜井さん。
ただ出鼻をくじかれて悶々としてたシーンが印象的です。。

そして、そのときの番組のBGMが

かぞえうたのイントロ!

暗い!。。^^

「足音〜Be Strong」が出来る瞬間

桜井さんが机を叩いて、リズムをとりながら

そうか!

と何かを悟るシーン。

そこから「足音〜Be Strong」のAメロとなる部分を英語調で口ずさみます。

それをスタッフ2人とJENさんが見守ってるところが印象的でした。

桜井さんが曲を作ることで、歯車が回るということを裏付けるシーンですね。。

「アメリカっぽいでしょ!?」

「足音〜Be Strong」のメロディーが出来た瞬間、JENさんが

「いいじゃん!」

と言ったことに対して、桜井さんが

「アメリカっぽいでしょ!?」

というシーン。

{Naked}に収録されている「I wanna be there」もアメリカっぽい曲を想定して作ったみたいです。
アメリカ繋がりですね。。^^

田原さんの発言

桜井さんについて、田原さんは

歌っている人がすごいので。

と尊敬されている発言をしていました。。

ただ、桜井さんが体調を悪くなるくらいまで歌入れをして、ついにダウンしたとき、
田原さんはJENさんに

歌いすぎだって、桜井にJENが言ってよ。
うまく歌えると歌いすぎちゃうんだよ。
いい時のほうが珍しいから。

え!いい時のほうが珍しいから!?

ま、この「いい時」っていうのは桜井さん自身が設定するレベルでのことであって。
田原さんが思う「いい時」ではないと思いますが。。

桜井さんの発言

「Starting Over」のバンドレコーディング時

「イキフンはカイチーです。」

※「雰囲気は近いです」

体調が悪くダウンしたとき

「サテライト(2軍)に行ってまいります。」

サテライトってどこ!?
家ってことかな。。

「未完」の歌い出しがロックで

「女の子に嫌われそうな気がする」


ミスチル4人で、Tourのステージングを初期段階のデザインからミーティングしているとき

「こういうのがやりたかったなー」

愛情溢れる発言ですね。。

忘年会

田原さんが3人とは離れた席に座ってました。
「REFLECTION」のレコーディングドキュメンタリーDVDでも、田原さん1人でいるシーンがありましたね。

新年早々のレコーディング

年末年始の休みでリフレッシュしたのか、新年早々の「Starting Over」の歌入れのときの桜井さんの表情が若返ってるように見えました。

「Starting Over」の歌詞について

桜井さんが、

また何かが終わって、何かが始まる
それをずっと繰り返していきたいな

と話されてました。
それは「未完」を意味するようで、{Naked}の「Startin Over」「未完」の曲順を思い出させました。

桜井さんの発言から

小林さんの元を離れて

チームとして気持ちがまとまって強くなった

と話す桜井さん。

作詞、作曲をしている桜井さんが「独りよがり」の発言をするのではなく、チームを意識した発言をすることが印象的でした。

ちなみに雑誌「MUSICA」のインタビューでも

「チームでやることが好きだったじゃん」

と、桜井さんが発言されています。

まとめ

ミスチルは高校時代からずっと同じメンバーで、曲制作やLIVEを行ってきました。
そんな苦楽を共にした4人には、僕らには分からない「深い絆」があって、
それが桜井さんの

「こういうのがやりたかったなー」

という発言に繋がっているかと思います。

この「SONGSスペシャル」では、「Starting Over」の制作過程をクローズアップさせて、そこでの紆余曲折に立ち向かう姿を「静かな闘い」として描いていきました。

その番組の意図ももちろん伝わってきましたが、それ以上に桜井さんの「ミスチル愛」が感じられる番組でした。
ミスチルファン歴が長い僕でも分からなかった、その「深い絆」に感動。。^^

rAmazonで「ヒカリノアトリエ」を購入!

スポンサーリンク

ミスチルテレビ出演

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ

ミスチルのチャット旅