1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

スポンサーリンク

2015/08/01

ミスチル「深海」の歌詞に出てくる「君」は桜井さんのこと!?

スポンサーリンク

みなさん、こんばんは。
今日、「未完ツアー」広島公演が行われましたね。
そして、明日桜井さんは「ウカスカジー」が中心となって展開している「MIFA」の「福島復興支援エキシビションマッチ」に参加するみたいです。^^
お忙しいですね。

で、今日はアルバム「深海」について書きたいと思います。
※このブログで「深海」について書くのは初めてなんですね。。^^
ミスチル「深海」の歌詞に出てくる「君」は桜井さんのこと!?
桜井さんが書く歌詞には、「君」というフレーズが多く出ますよね。
それは「恋人」のことを指してたり、「奥さん」のことを。
または、「お子さん」のことを指してたり、「ファン」のことを指していて、「君」というフレーズだけでも様々な意味合いをもたらすので、

「奥が深いなぁ」

と思っています。

そのことについてまとめた記事はこちら
ミスチル桜井さんの奥さん人物像!?

なかでもこれは凄い!

と僕が思ったのが、ミスチル5枚目のアルバム「深海」に収録されている「シーラカンス」と「深海」の「君」です。

シーラカンス

シーラカンス
君はまだ深い海の底で静かに生きてるの?
シーラカンス
君はまだ七色に光る海を渡る夢見るの?


この「君」は「シーラカンス」のことを指しているようですが、
「音楽でヒット曲を作って売れたい!」と思いながら曲制作に勤しんでいた

若かりし頃の桜井さん!

を指していると思っていて。

「シーラカンス=絶滅生物」
アルバム「Atomic Heart」以降売れてブレイクしたミスチルの桜井さんは、その「売れたい!」という強い思いが果たされて「夢=絶滅」したことを「シーラカンス」に例えて、過去の「桜井さん自身」に語り掛けているようです。

純粋無垢だったころの自分(桜井さん)はまだ心の奥に存在しているの!?

って感じでしょうか。。

そして、「七色」というのは売れた後の景色を指していて、売れた後の景色(現在)は、実際は「七色」ではなく「虚無感のグレー」で、過去の自分(桜井さん)に「七色なんて幻想だよ」と教えているようです。

深海

シーラカンス
これから君は何処へ進化むんだい
シーラカンス
これから君は何処へ向かうんだい


この「君」は売れた後の虚無感から、これから「どこへ向かっていいのか」分からなくなってしまった「桜井さん」を指しているようです。
「目標がなくなっちゃって、夢も希望もなくなってこれから何を目標に生きてけばいいの!?」
と弱気な桜井さんが見え隠れします。。

連れてってくれないか
連れ戻してくれないか
僕を 僕も


この「僕」は、

「夢に溢れてた若かりし頃に戻りたい!そこに連れてって!」

と叫んでるようです。
純粋に音楽を愛して、私生活も「ミスチルの桜井さん」ではなく、いち市民の「桜井和寿」に戻りたいと叫んでるようです。
ミスチル「深海」の歌詞に出てくる「君」は桜井さんのこと!?
このように「シーラカンス」「深海」では、「僕」と「君」が桜井さんの過去と現在を比喩を用いて指し示し、そこに哀愁や憂い、絶望が入り組んでるようです。
なので、

聴いてる側も緊張感を持つアルバムですよね。。


また、それが一種の芸術作品となって、ミスチル史に今も色濃く残っています。

「深海」こそミスチル史上最高のアルバムだ!

という声が今なおファンの間で語られているのは、そういう作品だからなんでしょうかね。。^^

あと、こういう歌詞を26歳の頃に書けちゃうってのも、これまた凄いことですよね。

rAmazonで「ヒカリノアトリエ」を購入!

スポンサーリンク

深海

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ

ミスチルのチャット旅