1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

スポンサーリンク

2015/04/14

ミスチルtour「REFLECTION」in長野4/11〜全曲詳細レポートpart5【ネタバレあり】

スポンサーリンク

前の日記の続きとなります。
ミスチルtour「REFLECTION」in長野4/11〜全曲詳細レポートpart4【ネタバレあり】

tour2015「REFLECTION」の4/11長野公演に参戦したので、その全曲の詳細レポートを書きます!!

以下、完全なるネタバレなのでご注意ください。
※これからLIVEに参戦する方はご覧になられない方がよろしいかと思います。
ミスチルtour「REFLECTION」in長野〜全曲詳細レポートpart4【ネタバレあり】

セットリスト

  • 01.fantasy
  • 02.ロックンロールは生きている
  • 03.旅人
  • 04.fanfare
  • 05.Melody
  • 06.FIGHT CLUB
  • 07.斜陽
  • 08.I Can Make It
  • 09.口笛
  • 10.HANABI
  • 11.口がすべって
  • 12.蜘蛛の糸
  • 13.REM
  • 14.WALTZ
  • 15.放たれる
  • 16.進化論
  • 17.足音〜Be Strong
  • 18.幻聴
  • 19.Everything(It’s you)
  • 20.エソラ
  • 21.Marshmallow day
  • 22.未完


僕の座席はここでした。
ミスチルtour「REFLECTION」in長野〜全曲詳細レポートpart4【ネタバレあり】
こんな良席、もう二度とないんだろうなぁって感じですねー。恵まれすぎです。

15.放たれる

・前曲「REM」と「WALTZ」で暗い気持ちになってたのが、この曲のイントロで一筋の光明が射しこんだ!
って感じになりました。。

振り幅がすごいですねー


・最後のサビで桜井さんが「メインステージ」から「センターステージ」に移動して歌って至近距離!!
そのとき、僕と目が合ってる感じがして、

やばいー!!やばいー!!

と叫んでしまいました。。^^
桜井さんの真正面の目を見れることなんて、この先の人生もうないですよね。。^^
放心状態。。。

16.進化論

・曲が始まる前にスクリーンで、「進化論」についての説明を文字とナレーション(男性の声)で流してました。
ちょうど「365日」のときのスクリーンのように時間をかけて、3つの進化論の定説を流してきました。
ミスチルtour「REFLECTION」in長野4/11〜全曲詳細レポートpart5【ネタバレあり】

その「進化論」の3つの定説を、「なぜキリンの首が長いのか」を例に流してました。

  • 01.キリンの首が長い理由は、自分より高いところにある草を頑張って食べようとして、その努力する気持ちが子供にも遺伝してそれを繰り返した結果、少しずつ首が長くなったという説。(ラマルク説)
  • 02.キリンの首が長い理由は、首の短いキリンと首の長いキリンがいて、たまたま首の長いキリンが生き残って、そのDNAが引き継がれたという説。(ダーウィン説)
  • 03.キリンの首が長い理由は、首を長くして高いところにある草を食べたいという強い願望がDNAに引き継がれて、少しずつ首を長くしたという「ラマルク説」に近い考えの説。(最新の定説)


その3つ目の説明が終わった瞬間に曲のイントロが!!

そんなスクリーンでの前置きがあったので。

この命も無駄なんかじゃない

という歌詞とリンクしていました。

・また、映画「REFLECTION」で演奏したときの「進化論」は、桜井さんが作ったデモテープをメンバーに渡してすぐの初期段階だったらしく、LIVE中(ファンクラブツアー)も手探り感があったみたいです。。

そのときに比べるとギターの音数が多くなっていて、より鮮明に田原さんのフレーズが聞こえた気がします。
曲のアウトロで弾いたギターソロが良かったです。
(「花の匂い」のアウトロのようなキーボードとギターのアンサンブルですかね。。

・あと映画「REFLECTION」のときと比べて、最後のサビに

明日も君と廻してこう

というメロディーが追加されたように思いました。(僕の勘違いかな。。

17.足音〜Be Strong

聞こえて欲しい、長野に。
これが僕らの足音。

という桜井さんの言葉の後にイントロが流れました。

この曲は、ミスチル初のセルフプロデュースとしてリリースしたということもあり、4人で鳴らすバンドサウンドの序章でありながら。
でも、集大成のように聞こえました。

ちょうど、1997年に活動休止した後、1998年バンドとして再スタートした「終わりなき旅」に通じるようなものがあるかなと。。

「終わりなき旅」と同様に、ストリングスは聴こえてきますが、それよりも4人のバンドサウンドがよく聴こえてきて、RESTARTに相応しい曲だと思いました。感動^^
(生で聴くとCDより迫力がありました。)

18.幻聴

サビの

向こうで手招くのは宝島などじゃなく

の箇所で、桜井さんは手をおでこに翳して歌ってました。
ちょうど「fanfare」を歌ったときのように。
ミスチルtour「REFLECTION」in長野4/11〜全曲詳細レポートpart5【ネタバレあり】

あと、1番が終わり間奏が終わって、2番のAメロを歌った時。
歌詞を1番のAメロの方を歌っちゃったかなんかで、間違ってしまい。
それに桜井さんが気付いて、

あちゃー

って感じで手をおでこに当ててました。^^
観客は一斉に和んでました。。^^

・2番のサビがおわって、

Oh-Oh-

というメロディーを観客と一緒に歌いました。
(映画「REFLECTION」のときと同じ感じですね。。

未発表曲なのに、こんなに会場が一体感になることにびっくり。。^_^



この日記の続きはこちら
ミスチルtour「REFLECTION」in長野4/11〜全曲詳細レポートpart6【ネタバレあり】

rAmazonで「ヒカリノアトリエ」を購入!

スポンサーリンク

REFLECTION - Tour

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ

ミスチルのチャット旅