1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

スポンサーリンク

2015/04/12

ミスチルtour「REFLECTION」in長野4/11〜全曲詳細レポートpart3【ネタバレあり】

スポンサーリンク

前の日記の続きとなります。
ミスチルtour「REFLECTION」in長野4/11〜全曲詳細レポートpart2【ネタバレあり】

tour2015「REFLECTION」の4/11長野公演に参戦したので、その全曲の詳細レポートを書きます!!

以下、完全なるネタバレなのでご注意ください。
※これからLIVEに参戦する方はご覧になられない方がよろしいかと思います。
ミスチルtour「REFLECTION」in長野〜全曲詳細レポートpart3【ネタバレあり】

セットリスト

  • 01.fantasy
  • 02.ロックンロールは生きている
  • 03.旅人
  • 04.fanfare
  • 05.Melody
  • 06.FIGHT CLUB
  • 07.斜陽
  • 08.I Can Make It
  • 09.口笛
  • 10.HANABI
  • 11.口がすべって
  • 12.蜘蛛の糸
  • 13.REM
  • 14.WALTZ
  • 15.放たれる
  • 16.進化論
  • 17.足音〜Be Strong
  • 18.幻聴
  • 19.Everything(It’s you)
  • 20.エソラ
  • 21.Marshmallow day
  • 22.未完


僕の座席はここでした。
ミスチルtour「REFLECTION」in長野〜全曲詳細レポートpart3【ネタバレあり】
こんな良席、もう二度とないんだろうなぁって感じですねー。恵まれすぎです。

09.口笛(センターステージでの演奏)

演奏が始まる前のMC

次の曲は誰もが知っている曲を歌います。
で、みんなの合唱で歌うパターンと僕(桜井さん)が歌うパターンのどちらにするかまだ決めてなくて。
僕が歌った方がいいですか?
みなさんが歌いたいですか?
それとも1人でステージに立って歌いたい人はいますか?

と恥をさらすだけの3番目の選択肢を桜井さんがあげました。

そんなステージに1人で歌う人の横で僕(桜井さん)がいて、観客の白い目を見たい!
とおっしゃってました。

絶対、無理だよー!!^^


最終的にはイントロが流れた瞬間、桜井さんが歌うかみんなの合唱にするかを観客の反応で決めることになりました。
そして、曲のイントロが流れて「口笛」だということがわかり、反応が良かったので観客で大合唱する方となりました。
1番は観客が歌い、2番は桜井さんが歌いました。

その「口笛」の演奏時、田原さんが目の前にいたのでずっと田原さんを見てました。
それで分かったのが

目をつぶりながらギターを弾いてること!!

何だか指揮者のような、またはオーケストラの演奏者のように見えました。

あと田原さん、

「口笛」のリズムや曲の入り方を探ろうと聞き耳を立ててました。

この大歓声のなか、少しぐらいミスっても誰も気づかないんじゃない。^_^
と思いましたが。
そういう田原さんの一面が見れて、真面目でプロフェッショナルな方だなぁと思いました。

それに感動して、「口笛」の演奏が終わった後に間があったので、

「田原さん!田原さん!」

と叫んでたらこちらを見ていただいたような。。
あー、やばい。幸せすぎー!!

10.HANABI(センターステージでの演奏)

曲が始まる前のMC

僕(桜井さん)の家では犬1匹とハムスター、金魚とメダカ、亀を飼っています。
それにまつわる曲を次に演奏します。

と桜井さんが話されて。

「ミスチルの曲にそんな曲ってあったっけ!?」
と思われた方、多いのではないでしょうか?
金魚、メダカで魚関連の曲になると「シーラカンス」くらいしかないかな。
ということで、ここで本当に「シーラカンス」を歌ったらみなさん引くでしょう!?

と話されました。
で、「シーラカンス」を歌わずに金魚についてのお話を。

水槽に入ってる水を交換するのは僕(桜井さん)の役目で。
寒い日に水交換すると手が冷えるので、夜に予め水道水と塩素を混ぜたものを用意して。
翌日、それを水槽に入れてました。
そしたら、金魚が死んでしまって。
何でか原因が分からず、お店の人に聞いてみたら。
夜、放置していた水が死んでしまって、その水を入れるから金魚が死んでしまうとのこと。
「水が死んでしまう。。」
この一節、歌詞として使えそう!!
ということで、この曲です。


で、「HANABI」のイントロが流れました。
それは大サビの歌詞を指しているんですね。

滞らないように 揺れて流れて
透き通ってく水のような
心であれたら


この曲の演奏中もずっと目の前の田原さんを見てました。

やっぱり目をつぶってギターを弾いてました!

その出で立ちと髪型が、1960年代のロックバンド「ローリング・ストーンズ」でした!!
かっこいい。。
ミスチルtour「REFLECTION」in長野〜全曲詳細レポートpart3【ネタバレあり】

11.口がすべって(センターステージでの演奏)

演奏前のMC

桜井さんはテレビを見るときに2つのルールを設けてるとのこと。

1つ目は女芸人のガールズトークの番組を見ない。

その理由として、番組の制作費は主にCMのスポンサー料でまかなっていて。
そのスポンサー、企業にはもちろん従業員がいて。
その従業員が汗水垂らして稼いだお金が、そのスポンサー料となって、その女芸人のガールズトーク番組の制作費になるのがいたたまれなくなるから見ないみたいです。

思考が深いですね。。

2つ目は「正解はCMの後で」

という番組は、CMと同時にチャンネルを変えるみたいです。

そこまでしてCMを見させるというスポンサーの意図が嫌みたいで。
と言っても、やはり正解は気になるようで。
最近では敢えてCMを見て、その企業をチェックしてその商品を買わないとのこと。。^_^

着眼点が面白いですね。

そのMCの最中、目の前の田原さんは。
ドリンクをゆっくり味わいながら飲んでました。
そして、ドリンクの脇にあった「ホッカイロ」をひと握りして、ピックを持つ右手を温めてました。
繊細ですね。

そんな時代の移り変わりを報道してきたテレビやメディア。
今年で戦後70年ということで、この曲を選びました。

ということで「口がすべって」のイントロが流れました。

2番のAメロ

争い続ける
血が流れている
民族をめぐる紛争を新聞は報じてる

というメロディをクローズアップさせるバンドアレンジとなってました。。


この日記の続きはこちら
ミスチルtour「REFLECTION」in長野4/11〜全曲詳細レポートpart4【ネタバレあり】

rAmazonで「ヒカリノアトリエ」を購入!

スポンサーリンク

REFLECTION - Tour

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ

ミスチルのチャット旅