1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

スポンサーリンク

2015/07/16

ミスチル「REFLECTION」のデモ音源で気になったところをまとめてみた。part3

スポンサーリンク

前の日記の続きになります。
ミスチル「REFLECTION」のデモ音源で気になったところをまとめてみた。part2

アルバム「REFLECTION」{Naked}の特典「Demo音源」について、僕が気になったところをまとめた日記になります。
そのpart3です。
ミスチルアルバム「REFLECTION」のデモ音源で気になったところをまとめてみた。

「足音〜Be Strong」1st Demo

・「イントロ」と「メロディ」がアルバム音源の原型となっています。
メロディは「デタラメな英語」で歌っています。

・「デモ音源」では、Aメロの出だしを

I wanna be〜

と歌っています。

{Naked}版に収録されている「I wanna be there」でもサビが、

I wanna be〜

ですね。
桜井さんの中で口ずさみやすい響きということでしょうか。。

・サビの

イエッへー

は、デモ音源のときからありました。

「デモ音源」がデタラメな英語で構成されていることから、この「イエッへー」はその英語から助長されて発した言葉ということが分かりますね。。

・サイドギターが「トレモロ」というエフェクターを使ってました。
シングル曲「Everything (It’s you)」のサイドギターで鳴らしているあの音です。

・サビのベースラインがアルバム音源と同じですね。

夢見てた未来は
それほど離れちゃいない

ここの部分のベースラインです。
てことは、このベースラインは桜井さん考案でしょうか。。
だとしたら天才ですね。。^^

「Starting Over」Demo / “ノブナガ”

イントロ、メロディが「Starting Over」のアルバム音源とほぼ同じです。
アルバム音源と全く違うのが歌詞です。

そして、その歌詞が聞き取りにくい!!


口ごもっている感じで、歌詞が響いてこないように思えました。
※僕と同じように感じた人はいらっしゃいますか。。^^

アルバム音源の出だしのAメロ

肥大したモンスターの頭を
隠し持った散弾銃で仕留める

が、

飛び出した夢の欠片を
1つずつ拾い集める

と、「デモ音源」では歌っています。

僕のなかで、「肥大したモンスター」の部分は歌っていて気持ちいい響きなので、
その気持ち良さを桜井さんの中でも感じたから、大幅に歌詞を変更したのかな。。

「歌詞を響かせるってとても大事なことで、且つ難しい!」

ってことが分かりますね。^^

「街の風景」1st Demo / “ラララ2”

・イントロのアコギソロがアルバム音源と同じです。
また、曲中のアコギでの「ツインギター」もほぼ一緒です。

そして、この曲の特徴である「ドラム」「ベース」のリズムもアルバム音源と同じです。

「これらも全て桜井さんが作ったのかな!?」

と思いましたが。。

アルバム「REFLECTION」の初回限定盤の特典「レコーディングドキュメンタリーDVD」で、
この「街の風景」のレコーディング時に、桜井さんが

「みんなで考えて、思いついた人からやっていくってことにしない」

と、メンバーに提案するシーンがあったことから、このデモ音源はバンドで作ったのかな。。^^

・仮タイトルが「ラララ2」ですね。

では、「ラララ1」は、何だろう!?

ってミスチル好きの方なら簡単な問題ですね。。^^

そうです。
1999年に発売された7枚目のアルバム「DISCOVERY」の9曲目に収録されていた「ラララ」ですね。^^
ミスチル「REFLECTION」のデモ音源で気になったところをまとめてみた。part3

この日記の続きはこちら
ミスチル「REFLECTION」のデモ音源で気になったところをまとめてみた。part4

rAmazonで「ヒカリノアトリエ」を購入!

スポンサーリンク

REFLECTION

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ

ミスチルのチャット旅