1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

スポンサーリンク

2015/07/08

ミスチル「REFLECTION」のデモ音源で気になったところをまとめてみた。

スポンサーリンク

みなさん、こんばんは。
アルバム「REFLECTION」が発売されてから1ヶ月以上が経ちましたね。

僕は、{Naked}をおそらく20回以上はリピートしました。
なので、各曲の特徴や歌詞などが少しは把握できたかなと。。^^

そんなアルバム曲に聴き慣れたころ、{Naked}の特典である「デモ音源」を聴いてみると新たな発見があったので、今日は「デモ音源」を聴いて気になったところをまとめてみました。
ミスチルアルバム「REFLECTION」のデモ音源で気になったところをまとめてみた。

桜井さんの作詞・作曲方法

デモ音源についてを書く前に桜井さんの作曲方法について、雑誌やテレビ、ラジオでのインタビューを元に書きたいと思います。

作詞・作曲方法

  • ・「デタラメな英語」でメロディを口ずさむ。
  • ・「ラララ」でメロディを口ずさむ。
  • ・その「デタラメな英語」「ラララ」のメロディは、歌として何を伝えたいものかを吟味して歌詞を作る。
  • ・また「デタラメな英語」「ラララ」でメロディを口ずさみながら、ある箇所ではちゃんとした日本語の歌詞を歌う。
  • ・その「日本語の歌詞」が、歌として何を伝えたいかの「何か」にあたるキーワードになることが多い。


ということで、桜井さんは詩先ではなく曲先で曲を作ります。
また、無意識な状態で、作為的にメロディを作らないことから、そのメロディが何を歌いたいか桜井さん自身も分からないため、「喜びの歌」なのか「憂いの歌」なのかを吟味してから歌詞を作るみたいです。

デモ音源について

まず、聴いて思ったのが。

全ての曲でデモ音源の完成度が高い!!

ということではないでしょうか。

もっと抽象的で、奏でている楽器の数が少ない(アコギ1本)かと思いきや、

「これ、アルバム音源とほぼ同じじゃん!」

と思わせるほど、ギター、ドラム、ベースの音が入っている音源でした。

このデモ音源を桜井さん1人で作ったのか、またはメンバーが携わったのかは分かりませんが。
全ての曲で、ドラムとベースの音色が同じなので、

「打ち込み(コンピュータ)で作ったのかな。」

と思いました。
ということは、桜井さん1人で作られたかと思います。^^
天才ですね。


では、各曲のレビューです。

「Reflection」1st Demo

桜井さんがピアノを弾いているのですが、ペダルを踏む音が聞こえますね。
なので、ピアノの音として汚い印象を持ちました。。^^

アルバム音源は、エンジニアの今井さんがその桜井さんが踏んだペダルの音を一生懸命コンピュータ上で消したみたいです。
なので、とてもクリーンですね。^^

「I Can Make It」1st Demo / “Don’t make it”

・デタラメな英語でメロディを奏でてます。
そのメロディはどことなく「憂いのあるメロディ」だという印象を持ちました。

「そんな憂いのあるメロディから、よく歌詞ができたなぁ」

と、びっくりしたのは僕だけかな。。^^

プレッシャーの前に引っ込めるアイデア
後悔だけを生んで
日の目を見ないままのこの願い
ため息に溶け 飛んでいけ


・バンドサウンドは既にアルバム音源の原型になっています。

特にギターサウンドが凄いです!!

イントロのソロ、バッキング、アコギのストロークス、サイドギターのリズムギター全てが入っています。
桜井さんすごい。^^

・仮タイトル「Don’t make it」はサビの

日の目を見ないままのこの誓い
Don’t make it, Don’t make it

とデモ音源では歌っているので、そこから取ってきたと思います。

「REM」1st Demo / “スクリーム”

・前作「[(an imitation) blood orange]」を発表した後、最初に作られた曲。
田原さんが聴いた瞬間、知恵熱を出すほど前作にはない闇のギターサウンド。^^

仮タイトル「スクリーム」はホラー映画からとってきたものでしょうか!?

ミスチル「REFLECTION」のデモ音源で気になったところをまとめてみた。
※出典元
http://www.kinsey.jp/scream/

なので、Aメロの高いメロディがハモりとともにホラーっぽい。^^

出口を探しているんですが あなた知らないか?

の「知らないか!?」の「か」の部分がホラーです。。

そして、1番の2回目のAメロで、ドラムの入り方もホラー。。^^
こわいです。

・サビのドラムで叩いてる変拍子リズムが、アルバム音源と一緒です。
このリズムパターン、かっこいいですよね。
(桜井さんが考えたのかな。。)

・サビの「ダンディドン ダンディドン」はすでにデモ音源でありました。


この日記の続きはこちら
ミスチル「REFLECTION」のデモ音源で気になったところをまとめてみた。part2

rAmazonで「ヒカリノアトリエ」を購入!

スポンサーリンク

REFLECTION

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ

ミスチルのチャット旅