1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

スポンサーリンク

2013/06/02

ミスチル「ニシエヒガシエ」PVにあの人が!? part2

スポンサーリンク

前の日記の続きになります。
ミスチル「ニシエヒガシエ」PVにあの人が!?

ミスチルが1997年4月からの活動休止中に発売した「ニシエヒガシエ」。
新曲「REM」がロックということで、よくこの「ニシエヒガシエ」と比較されます。

個人的には「ニシエヒガシエ」のほうが「曲調も歌詞もやぶれかぶれ具合もロック」
かと思いますが、みなさんはどう思いますか!?

昨日の日記で、「ニシエヒガシエ」のPVの最後に活動休止中の桜井さんが出ています!!
と書きましたが。。

ミスチル「ニシエヒガシエ」PVにあの人が!? part2

これを発見したときは、かなりはしゃいでしまいました。。
そして、「桜井さん、髪、伸びたなぁ!!」と思いました。

実は桜井さん、活動休止してから、すぐに坊主になったという噂がありました。
※その画像は残念ながらありませんが、、、

それに近いときの写真はこちらです。
ミスチル「ニシエヒガシエ」PVにあの人が!? part2

このころの写真を見ると、なんだか精神的にも病んでいるなぁと思います。目がうつろです。
※当時の桜井さんのコメントを見る限り、実際に病んでいたとのことです。
プライベート問題も含まれているのでしょうか?
一気に売れて生活や周りの態度が激変して、自分が目指していたミュージシャン像とギャップがあって、辛かったとのことです。

なので、「ニシエヒガシエ」の

張り付けの刑になったって
明日に向かっていきてくんだって

愛だ恋だとぬかしたって
所詮は僕等アニマルなんです

などは当時、お付き合いしていた現在の奥さんとの不倫が発覚して、マスコミに対する態度や自虐的な表現を連想させてしまい、「REM」とは比較できない要素が散りばめられた曲かと思います。

その当時の曲も、過去の曲として残って今なお、みんなの耳に残るのですから、音楽家冥利に尽きることではないでしょうか。素晴らしいことですね。
「常套句」があって、「Hallelujah」があって、「ニシエヒガシエ」があるんですね。。。

rAmazonで「ヒカリノアトリエ」を購入!

スポンサーリンク

マニアック

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ

ミスチルのチャット旅