1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

スポンサーリンク

2015/03/07

ミスチルファン歴21年の僕が選ぶ「ミスチル歌詞7選」part2

スポンサーリンク

先月、「ミスチルファン歴21年の僕が選ぶ「ミスチル歌詞7選」」という日記を書いたのですが。
まだまだ珠玉の歌詞があるなぁと思い、part2として「ミスチル歌詞7選」を書こうと思います。
どうぞお付き合いください。。

先月の日記はこちら
ミスチルファン歴21年の僕が選ぶ「ミスチル歌詞7選」

では7曲を発表します!!
ミスチルファン歴21年の僕が選ぶ「ミスチル歌詞7選」part2

しるし

「同じ顔をしてる」と
誰かが冷やかした写真
僕らは似ているのかなぁ?
それとも似てきたのかなぁ?


男女の付き合いが長かったり、夫婦関係が長かったりすると、顔が似てくるという話はよく聞きます。
でも、この歌詞のすごいところは「似てきたなぁ」と言うのではなく、「似てきたのかなぁ」と疑問形にするところです。

また、人は自分に似ている人を好きになる傾向があります。つまり、「似たもの同士」。。
そのことにも触れているこの歌詞はいいですねー。

桜井さんが書く歌詞には、その相反する2つの言葉を伝える傾向があります。

例えば、「」のサビ

抱いたはずが突き飛ばして
包むはずが切り刻んで
撫でるつもりが引っ掻いて


「抱く」と「突き飛ばす」。
「包む」と「切り刻む」。
「撫でる」と「引っ掻く」。
の歌詞です。
そういう二元論的な表現方法いいですねー。偏ってなくて。

そんな表現方法を、男女の仲睦まじさとして表現した「しるし」の

「僕らは似ているのかなぁ?」
「それとも似てきたのかなぁ?」

の歌詞は珠玉だなぁと思い、選びました。

NOT FOUND

矛盾しあった幾つもの事が
正しさを主張しているよ
愛するって奥が深いんだなぁ


この歌詞の「矛盾」というのは、前の歌詞の

僕はつい見えもしないものに頼って逃げる
君はすぐ形で示してほしいとごねる

を指しているかと思います。

男女には価値観の違い、捉え方の違いがあるとして、それはそれぞれ正しいことであるとしていますが。
その次の歌詞

「愛するって奥が深いんだなぁ」

に痺れます。。^^

男女の価値観の違いに対して、それは受け止めるべきだ。それはそれぞれ合っている。
という表現方法は昔からありますが。
そこから「愛することの奥深さ」を見出すのはすごいなぁと。。

桜井さんの観点の奥深さを知り、感銘を受けたのでこの曲を選びました。。

HERO

ただこうして繰り返されてきたことが
そうこうして繰り返していくことが
嬉しい 愛しい


桜井さんはアルバム「深海」「BOLERO」を制作してたころ、
自殺を考えてたと言われています。(本当かどうか分かりませんが。。

「深海」に収録されている「マシンガンをぶっ放せ」の歌詞に

やがて来る“死の存在”に目を背け過ごすけど
残念ですが僕が生きている事に意味はない

とあるように、生きていく価値を見いだせなかった桜井さん。(本当かどうか分かりませんが。。

それが、お子さんが生まれたことにより価値観は変わったようで。
2002年に小脳梗塞を患った時、
「子どもの成長を見届けたいなぁ」
と思い、死にたくないと思ったとか。

そんな経験を経て、親から自分に受け継がれた生命を子どもにも受け継ぐ。
その人類がずっと繰り返してきたことを、愛おしいと綴った「HERO」の歌詞、珠玉ですねー

Everything (It’s you)

愛すべき人よ 君も同じように
苦しみに似た 想いを抱いてるの


「弱音をさらす自分」
「愚痴をこぼす自分」
「他人の痛みを見てみないふりをする自分」
そして、「幸せすぎて大切なことが分からなくなった自分」

そんな自分の行いや現状に苦痛を感じているなか。
愛すべき人も同じようにそれらで苦しんでいるの?
と問いかけた歌詞。

なんだか、

「そう、私も苦しんでいるよ」

と返してほしいかのような問いかけで、切羽詰まった状況がうかがえて聴き手も胸が苦しくなる歌詞。
珠玉ですねー

足音 ~Be Strong

もう怖がんないで
怯まないで
失敗なんかしたっていい


「失敗はどんどんしなさい」や「失敗は誰だってする」。「失敗は成功のもと」
などの表現はたくさんあると思います。

でも

「失敗なんかしたっていい」の「なんか」

「失敗なんか」という歌詞。

この言葉が大サビで歌われているということもあり、桜井さんもテンション高く歌っています。
それも相まって「失敗なんか」という歌詞が、何度も心に響いてきます。

ちょうど「しるし」の最後のサビ

どうせ愛してしまうと思うんだ

の「どうせ」に通じるニュアンスかなぁと思っていますが。。

Dance Dance Dance

満ち足りたマニュアルにそった恋の中
もがいてる将来有望な僕らがいるよ


ミスチル自身を「将来有望な僕ら」と称したこの歌詞。

その「将来有望な僕ら」は、この「Dance Dance Dance」を作った当時(1994年)、後にMr.Childrenというバンドが国民的バンドになると思っていたのでしょうか?
また、スタジアムなどの大きな会場で、観客大合唱で曲を歌うくらいのバンドになると思っていたのでしょうか?

ミスチルが多くの人の心を動かす曲を作り続ける度に、この歌詞を思い出します。。。

PADDLE

ほんの束の間
胸の中に巻き起こる風 風 風


桜井さんが書く歌詞には、何かしらのメッセージがあるような気がして。
歌詞を深読みしてしまうことが多々あります。

でも、この

「風 風 風」

なんで、3回繰り返したんだろう!!
って未だに謎です。。^^

3回繰り返すと、メロディに乗って気持よく。
とくに3回目の「風」は聞いてて心地よいです。

それを狙って桜井さんはこの歌詞を書いたのでしょうか。

それでも、Aメロの冒頭で「風」を3回繰り返す歌詞。
今までにない感じで珍しいので選びました。

まとめ

「ゆず」のプロデューサーである寺岡呼人さんが、何年か前のミスチル特集番組で。

「昔、活躍していた文豪の人たちが現代に生きてたら、みんなミュージシャンになってるのではないでしょうか」

と話されました。
そして、「桜井さんも有名な文豪の人たちと同じように心を動かす言葉を残して欲しい」と。

歌手が歌とともに発する歌詞が、重宝されるようになってから。
シンガーソングライターの立ち位置が少し変わってきたかなぁと思います。

それは時に、作家さんが書く文より影響力をもたらすことがあるかと。。。
その1人として、桜井さんが該当するとミスチルファンだからこそ思っていますが。^^

rAmazonで「ヒカリノアトリエ」を購入!

スポンサーリンク

マニアック

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ

ミスチルのチャット旅