1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

スポンサーリンク

2016/01/31

ミスチル「未完」と「終わりなき旅」と桜井さんの未来!?

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。
最近、急に寒くなってきましたね。
体調を崩さないよう気をつけていきたいですね。^^

ところで、僕は最近「REFLECTION」の「未完」が大のお気に入りです。
最近というよりアルバム「REFLECTION」が発売されてからずっと大好きで、

「ミスチルの曲で何が1番好き!?」

と聞かれたら、「未完」と答えるくらい好きです。^^
ミスチル「未完」と「終わりなき旅」と桜井さんの未来!?
ちなみに朝の目覚まし時計替わりに流れる曲は「未完」です。^^
「未完」が流れるおよそ5分間、曲を止めずに聞き入って目を覚まそうとしてます。

何でこんなに「未完」が好きなのか。。

ミスチルファン歴22年の僕が1番好きな曲として挙げる「未完」。

何でこんなに好きなんだろう!?

と思い、好きな点をまとめてみました。

  • 01. 曲のテンポが気持ちいい。そのテンポとは裏腹に泣きのメロディのとこが尚更気持ちいいです。
  • 02. 歌詞に桜井さんの悲壮感があって、グッときます。
  • 03. 2番、3番のサビのドラムの連続スネア叩きが終わった直後のメロディがグッときます。
  • 04. 自分の人生、旅が終わることなくまだまだ続くという曲のメッセージが泣けます。


こんな感じでした。。
1つでも共感していただけるとこはありますでしょうか。^^

曲のテンポが気持ちいい

「未完」の曲のテンポは「アップテンポ」の類に入るのではないでしょうか。
なので、「乗れる」テンポということですね。
で、ノリノリで曲を聴けるかというと、メロディは「泣きのメロディ」なのでそうはいかないと思ってます。

さぁ行こうか 常識という壁を越え
描くイメージはホームランボールの放物線

「いっそ飛べない鳥の羽なんか もがれちまえばいい」
そう ぼやいてみたって未来は手を差し出しちゃくれない


ここのメロディはスローテンポで歌ったら「泣きのメロディ」に感じます。
「REFLECTION」{Naked}で最後の曲として収録されている理由が分かりますね。

歌詞に桜井さんの悲壮感がある

以前の日記でも書きましたが、「未完」の歌詞には悲壮感があって泣けてきませんか?

そのまま消えちゃうかもな 
いいさ どの道いつか骨になっちまう

さあユニホームを脱いで自由を手にしたらいい
例えば僕は武将で慕った家来が寝返ったって良い

「いっそ飛べない鳥の羽なんか もがれちまえばいい」
そう ほざいてみたって試練は手を緩めちゃくれない
だから もうユニホームを脱いで 脱いで
自由 自由 自由!!


「そのまま消えちゃうかも」「ユニホームを脱いで自由を手にする」「試練は手を緩めちゃくれない」など。

桜井さんの身に何があったの!?

と思ってしまうくらいの歌詞ですね。

桜井さんの「この人生を全うしたい!」「生き抜きたい!」という強い意志が感じれて感極まります。
地位も名誉も手に入れた桜井さんが言うから余計にそう思いますね。

「未完」の歌詞の悲壮感について書いた日記はこちら
ミスチル「未完」の歌詞で分かった悲壮なる想い!?

サビのドラムの連続スネア叩き終わりが気持ちいい

この「未完」で印象的な部分のひとつに、サビのときのJENさんのドラムがありますね。
ミスチルの曲で、サビにドラムのスネアを連続で叩く曲は今までなかったので印象的ではありますが。

そのドラム終わりが気持ちいいと思うのは僕だけでしょうか!?

さあユニホームを脱いで自由を手にしたらいい
例えば僕は武将で慕った家来が寝返ったって良い

の「手に」と「寝返」の部分。

「いっそ飛べない鳥の羽なんか もがれちまえばいい」
そう ほざいてみたって試練は手を緩めちゃくれない

の「もが」と「緩め」の部分が気持ちいいです。^^
何回聴いてもそこの部分で乗ってしまう自分がいます。(僕と同じ感覚の人はいますか!?)

旅が終わることなくまだまだ続く

「未完」というタイトルは、

「僕ら「Mr.Children」はつくづく完成されないバンドだなって思っていて。
でも、完成されないというのは意外に悪くなくて、完成されないからこそ何かにトライしてまた失敗してを繰り返すことができる」

という桜井さんの想いから付けられたとされています。

「完成されない、完成させようとトライする」という意味で、終わりがないことを諭したようです。
これってあの名曲「終わりなき旅」に通じるものがありますね。
ミスチル「未完」と「終わりなき旅」と桜井さんの未来!?
「未完」の最後の歌詞

未来へ続く扉
相変わらず僕はノックし続ける


「終わりなき旅」の歌詞

嫌な事ばかりではないさ さあ次の扉をノックしよう

「扉をノックする」という歌詞にも共通点があります。


終わらないからこそ桜井さんは曲を作れる!?

「未完」「終わりなき旅」と

人生に終わりはない、未来があり続ける

と桜井さんが思っているからこそ、活動24年を経てもなお曲を作り続けられるのかなって思ってます。
桜井さんのメロディを研究された音楽評論家の山下邦彦さんは、桜井さんの作り出すメロディは「I Love Tomorrow」だとおっしゃってました。
ミスチル「未完」と「終わりなき旅」と桜井さんの未来!?
また、地位や名声を得てそれに満足する、過去の栄光にすがるような表現者だったらそういう想いもなかったのではないでしょうか。
あの野球のイチロー選手が大記録を達成したとき、「達成感はないです」とおっしゃったように、

もしかしたら桜井さんも達成感がないからこそ走り続けていられるのかな。。

って思ってますが、どうなんでしょうか。
ファンとしては嬉しい限りですが。。^^

rAmazonで「ヒカリノアトリエ」を購入!

スポンサーリンク

REFLECTION

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ

ミスチルのチャット旅