1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

スポンサーリンク

2016/01/24

ミスチルと小林さんは仲違いで別れたの!?

スポンサーリンク

みなさん、こんばんは。
最近世間では、「SMAP解散報道」が大きく取り上げられてますね。
真相は不明ですが、事務所の上役の方々と所属するタレントの関係を良好に築くのって難しいんだなぁって改めて思いました。

ミスチルも近年、それに近いことが起こりましたね。
それは

長年、曲制作に携わっていたプロデューサー小林武史さんとの別れ

別れって書くと恋人関係みたいですね。^^

ミスチルと小林武史さんの関係は

ミスチルは1992年5月に発売されたミニアルバム「EVERYTHING」でデビューを果たすのですが、そのときから小林武史さんはプロデューサーとして、曲制作に携わっています。
なので、20年来の仕事仲間となりますね。

また、ミスチルはデビュー以来からずっと、レコード会社は「トイズファクトリー」と契約しています。
が、所属事務所はデビュー時のとき「BAD MUSIC」というところに所属してました。(ピロウズと同じ事務所)
それが、アルバム「Atomic Heart」制作中に小林武史さんが社長の「烏龍舎」に事務所を移しました。

なので、

小林武史さんはミスチルにとって「プロデューサー」でもあり、「事務所の社長」でもあったわけです。^^

関係が深いことが分かりますね。

2014年を契機に関係を断つ

そんな関係を保ちつつ、Tour「HOME」からは小林さんがキーボディストとしてミスチルのTourにも帯同しました。
また、曲制作でもプレイヤーとして参加して、あの曲やその曲、色々な曲でピアノ、キーボードを弾いてきました。
より関係が密になったということですね。

それが2014年春、アルバム「REFLECTION」制作時にプロデュースを離れることとなり、ミスチルはセルフプロデュースで曲を制作することに。
また、事務所も「烏龍舎」の傘下「エンジン」に移し、小林さんとは距離を置くことに。。

それには本当にびっくりしましたね!^^


※何かのLIVEで小林さんを紹介して、これからも「よろしくお願いします」という意味合いで「simple」を歌われたことがあったような。。

10年先も 20年先も 君と生きれたらいいな


それを聴いた時、ミスチルと小林さんの関係はずっと続くものだと思ってました。

ミスチルと小林さんはケンカ別れしたの!?

みなさんご存知かと思いますが、一部報道で「ミスチルと小林さんがケンカ別れした!」というのがありましたね。
農業活動に傾倒する小林さんに桜井さんが呆れたとか。
ミスチルが稼いだお金を事務所の社長として勝手に使ったとか。。

そんな憶測の域を出ない噂がちらほらと出てました。


そんななか、ミスチルは昨年発売したアルバム「REFLECTION」のプロモーション時に雑誌「MUSICA」でインタビューを受けています。
ミスチルと小林さんは仲違いで別れたの!?
そのときの発言に

小林さんと3人で呑んでたとき…
小林さんもウチらも変化する時期…
小林さんともいろいろ話して…

など、「小林さん」という言葉を発しています。

そして、先日木曜日にNHK「亀田音楽専門学校」で小林武史さんが出演されて、弦楽器「ストリングス」について語っているとき。
ミスチルと小林さんは仲違いで別れたの!?
ミスチルと小林さんは仲違いで別れたの!?

「Mr.Childrenのように強い音を出すバンドは、ストリングスでバンドのグルーブをさらに押し上げる。」

と、おっしゃってました。

小林さんから「Mr.Children」という言葉が!!


仲悪くなると人間って。。

僕の経験上ですが、人間関係で仲が悪くなると、その人の名前すら言いたくないと思ってまして。
それがミスチルと小林さんにはないので、

「仲違いで別れたわけではないんだろうなぁ」

って思ってます。

実際、「TOUR POPSAURUS 2012」が終わって小林さんのなかで「やり尽くした感」があったとか。
また小林さんは常々、「自分はいつまでミスチルと関わるべきか」と考えていらっしゃっとか。

その想いと、桜井さんの「Mr.Children4人がプレイしている音や表情を聴きたい」という想いが一致した時期が来たということではないでしょうか。
それが2014年春の出来事になるかと。。

まぁこれからもミスチルの奏でる音楽と、小林さんが奏でる音楽両方を聴きたいですね。^^

rAmazonで「ヒカリノアトリエ」を購入!

スポンサーリンク

小林武史

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ

ミスチルのチャット旅