1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

2017/03/26

ミスチル「ヒカリノアトリエTour」3/23NHKホール全曲詳細レポートpart5

Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ

¡ 8,980 views

みなさん、こんにちは!
先週の木曜日にミスチルの「Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ」NHKホール公演に参戦してきました!
ということで、その公演のMC内容込みで全曲詳細レポートを書いていきます!
そのpart5です。(ちょうど折り返し地点くらいですね)
※細かい内容や一語一句で違うところがあると思いますがご容赦ください。。^^
以下、ネタバレになりますのでご注意ください。

前の日記はこちら
ミスチル「ヒカリノアトリエTour」3/23NHKホール全曲詳細レポートpart4
ミスチル「ヒカリノアトリエTOUR」3/23NHKホール公演の感想【ネタバレあり】

セットリスト

  • 01. おとぎ話
  • 02. いつでも微笑みを
  • 03. メインストリートに行こう
  • 〜MC
  • 04. You make me happy
  • 05. PIANO MAN
  • 06. Another Story
  • 07. クラスメイト
  • 〜MC〜水上バス、ファイト(中島みゆき)、横断歩道を渡る人たち
  • 08. 口笛
  • 09. 掌
  • 10. マシンガンをぶっ放せ
  • 11. fantasy
  • 12. 蒼
  • 13. こころ
  • 〜MC
  • 14. ヒカリノアトリエ
  • 15. Any
  • 16. 跳べ
  • 17. 擬態
  • 18. 終わりなき旅

アンコール

  • 19. one two three
  • 20. 花の匂い
  • 21. 足音 ~Be Strong


全21曲で、18:30〜21:15のLIVEでした。
他の公演のセットリストとは若干違ってましたね。。

10. マシンガンをぶっ放せ

この曲も中川さんがかっこよかった!

前曲「掌」のテンションのまま「マシンガンをぶっ放せ」の演奏が始まったので、最初から演奏者のテンションがすごかったです!
僕は「掌」「マシンガンをぶっ放せ」の2曲は中川さんを中心に見てました。(かっこよかったので。。)

この公演は観客側から見て、
右にアコーディオン奏者の小春さん。
その左に中川さん。
その左に少し下がってJENさん。
そして、桜井さんが中央で。
その左に少し下がって田原さん。
その後ろにキーボードのSunnyさん。
田原さんの左にトランペット、パーカッションのicchieさん。
その左にサックス、フルートの山本拓夫さんの並びになります。

なので、中川さんは小春さんの前に出ないように(かぶらないように)ステージの前には移動せずに。

JENさんの近くでずっとプレイしてました!

その至近距離でJENさんのドラムに合わせながら弾くベースがかっこよかったです。
職人さんのようでした。

特にサビのベースを弾くところがかっこよかった!


11. fantasy

このLIVE唯一の。。

このLIVEで唯一残念に思ったのがこの「fantasy」の選曲でした。。
「fantasy」が嫌だったというわけではなく、もう一曲ロック曲を演奏して欲しかったということです。
それくらい「掌」「マシンガンをぶっ放せ」の流れが良かったということになるのですが。。

イントロで。。

イントロが鳴った瞬間、ステージの照明が真っ赤に照らされました!
田原さんのギターのフレーズとJENさんのダイナミックなドラムが印象的でした。

前2曲を収拾

サビの感じがさっきまでのテンションを収拾してるような感じでした。

「LIVEはこの曲を機に今度は違う展開をしていくんだろうなぁ」

って思わせる選曲でしたね。


12. 蒼

田原さんが。。

ということで、

しっとりと聴かせる曲へと変わりました!

ステージ上では桜井さんとSunnyさんしかいない中、1番が終わると。

その桜井さんとサニーさんの間に隠れてた田原さんのギターが鳴り響きました!

田原さんにも照明が当たりました!

これもミスチルの曲

この「蒼」をこのLIVEのハイライトシーンに挙げる方がいたのではないでしょうか?
前曲からの流れの緩急があって、より「しんみり」と「蒼」を聴くことができました。

ミスチルの各々の曲の振り幅が大きいということですね!


13. こころ

「旅立ちの唄」系ですかね。。

イントロとAメロを聴いたとき。

「この曲、聴いたことがないなぁ。。」

と思いつつ聴いていると「こころ」というフレーズが聞こえてきたので、

未発表曲の「こころ」だということがわかりました!


初めて聴いた感想としては「旅立ちの唄」のようなバラードのゆったりとした曲で、
サビの最後のメロディー

ないからー


と、「旅立ちの唄」の最後のサビのメロディーが似ていると思いました。(たぶん。。)

歌詞カードをもらいました

「虹」ツアーのときもそうでしたが、開場したときにツアーパンフレット(1ページ見開きのみ)をいただけます。
そのパンフレットをめくると「こころ」の歌詞カードが載ってました!
サビの歌詞だけ書きますね。

誰が喜ぶでもない
気に掛けもしない
取るに足らぬ出来事で
嬉しくなれるのはあなたが
心を僕に与えてくれてるから


深い歌詞ですね。。


MC

桜井さんが考える心とは。。

「こころ」の演奏が終わり桜井さんのMCに入ります。

通常だったら
「これから演奏する曲はこういう曲でこういう経緯で作りました。
では、聴いてください「こころ」です。」
と曲紹介してから演奏した方がいいんだけど。
そうすると聴く側は身構えてしまって、それがこちら側のプレッシャーとなってしまうから嫌なんです。(観客爆笑)

で、「心」という実体のないものは何かなって考えてみると。
去年、僕の周りで親しい人が亡くなってしまいました。
(桜井さんと親交が深かった元サッカー選手でジュビロ磐田の奥大介さんのことかなって思いましたが。。)

そのときに悲しい思い、寂しい思いをしたけどずっと僕の心にその人がいます。
「心」ってのは誰かを思いやって、
「これをしたらこの人はどう思うのかな。」
「これを言ったらあの人はどう感じるのかな。」
とイメージするものを「心」だと思います。
出会いや別れを多く経験すると人の「心」が豊かになっていくのではないでしょうか?

次に演奏する曲も、
「この曲を演奏したらみんなはどんな表情をするのかな。」
って考えながら曲を作りました。
ちょうどNHKホールにぴったりの曲です。
2番のサビが終わって間奏で、観客みんなで口笛を吹くところをイメージしながら作りました。

この「ヒカリノアトリエ」という曲名は僕ら8人のバンド名から取りました。
曲ができて曲名はどうしようかと悩んでたら、ギターの田原が
「ヒカリノアトリエでいいじゃん。」
って言って、「そうしよう!」とすぐに決まりました。
(そのとき田原さんに照明が当たって、その照明を田原さんがよけてました。(観客爆笑))

この「ヒカリノアトリエ」というバンドは僕自身すごく好きなバンドで。
8人で音を鳴らしたときから、すぐに好きになりました。
で、そのときにツアーを回るときに「Mr.Children」という名前で回ることに違和感があったので、8人用のバンド名を考えました。
「Mr.Childrenとヒカリノアトリエで虹を描く」
という名前から「ヒカリノアトリエ」を取ってそれをバンド名にしました。


この日記に続きはこちら
ミスチル「ヒカリノアトリエTour」3/23NHKホール全曲詳細レポートpart6

rAmazonで「ミスチル商品」を購入!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ