1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

スポンサーリンク

2014/09/14

「HANABI」はミスチルの王道!? part2

スポンサーリンク

この前の日記の続きになります。
「HANABI」はミスチルの王道!?

ひょんなことから出来上がったこの「HANABI」。
実は桜井さんは、この曲をミスチルの「王道」と位置づけています。

僕は音楽理論について無知なので、ミスチルの王道とは何か!?
または「HANABI」がミスチルの王道曲なのかは分からないですが。。
この「HANABI」と同位置の「王道」曲を、次のアルバムに向けたレコーディングで制作されてるらしいです。

「HANABI」が好きなファンには楽しみな情報ですね。。^^


桜井さんは「HANABI」以外にも、ミスチル王道として位置づけた曲が他に2曲あります。
それは…
1993年9月1日に発売された、3枚目のアルバム「Versus」の8曲目「LOVE」と、
1996年6月24日に発売された、5枚目のアルバム「深海」の4曲目「ありふれた Love Story 〜男女問題はいつも面倒だ〜
になります。

このように並べると、ミスチルの王道とはミディアムテンポのどストレート「ポップソング」ではないかと思ってしまいます。
だとすると。
2001年11月7日に発売された、21枚目のシングル「youthful days」や、
2008年12月10日に発売された、15枚目のアルバム「SUPERMARKET FANTASY」の9曲目「東京」もそれにあたるのかなって思います。
※小林武史さんは「youthful days」を至極のポップソングだと言ってました。。

ちなみに「LOVE」は、ミスチル10周年と20周年を記念した「POPSAURUS」ツアーでしか演奏していません。(「Versus」ツアーでは演奏したかと思いますが。。)
「HANABI」はミスチルの王道!? part2
ありふれた Love Story 〜男女問題はいつも面倒だ〜」は「深海」ツアーでしか演奏しなかったですし。
HANABI」はLIVEでは半音下げで演奏しています。。

ということで、

王道の曲とはいえ、ミスチル本人は思い入れがあるわけではない!?

と思ってしまいますが、それは考えすぎでしょうか。。。^^

rAmazonで「ヒカリノアトリエ」を購入!

スポンサーリンク

SUPERMARKET FANTASY

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ

ミスチルのチャット旅