1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

スポンサーリンク

2014/12/07

ミスチル「FNS歌謡祭」での口パク疑惑をファン歴20年が判定!?

スポンサーリンク

12/3に放送されたフジテレビの「FNS歌謡祭」にミスチルが出演されました。

その放送前に大々的に報道された「ミスチル未発表曲を披露!!」に踊らされて、
放送中は

ミスチルの未発表曲は何ていう曲なんだろう!?
いつミスチルの出番が来るんだろう!?

と、みなさん注目されていましたが。。

それとは別な騒ぎになっている。

ミスチルに口パク疑惑発生!?


ニュースになるくらいに注目されました。
その記事はこちら
FNS歌謡祭の口パク疑惑はMr.Childrenだった? ネットで憶測呼ぶ

この記事によると、「GLAY」のTERUさんが

ボーカリストが見ると分かるんです。

という意味深のツイートを発して、口パクについて言及したということで広まり。。

タレントの東野幸治さんが

「あれ?毎年の楽しみのFNS歌謡祭が口パクになっている。。。
ちょっとショックです。生歌が良かったのに。。。」

と、ミスチルが「足音 ~Be Strong」を歌った20分後にツイートされました。

そして、ミスチルファンが2チャンネルで書き込んだ。

「足音 ~Be Strong」、口パクじゃねーか!?
口の動きと声が一致してないんじゃないか!?


それらを総合して、

FNS歌謡祭の口パク疑惑はミスチル!!

という憶測が広まったみたいです。。^^

ここで気になるのが、TERUさんも東野さんも「ミスチルが口パク!!」とは言ってないということです。。
そして、番組制作者側もそのことについては触れていないということです。

なので、これはあくまでも憶測ということになります。

ということで、

ミスチルファン歴20年で、ありとあらゆるミスチル出演の音楽番組とLIVE映像を見てきた僕が判定させていただきます!!^^




「FNS歌謡祭」の「足音 ~Be Strong」を5回くらい見て、
CDの「足音 ~Be Strong」を聴き直しました。。

その判定は。

口パクじゃなくて、桜井さんちゃんと歌ってる!!

と思いました。。

今回、口パクか、口パクじゃないかの判断はかなり難しかったです。(それほど桜井さんの歌がうまいということになりますが。。

で、「口パクかも」と思った、その1つの疑惑が。。
2番のBメロの最後

もっと強くなっていける

「いける」の「る」が声は伸びているのに、桜井さんの口元はマイクから離れているということ。
すごい違和感が。。。
ミスチル「FNS歌謡祭」で口パク疑惑をファン歴20年が判定!?

でも、最終的に口パクではないと思ったのは。
サビの

イエッヘッへー

が、「FNS歌謡祭」では、

エッヘッへー

と、先頭を「エ」と発しているように聞こえました。。

そして、1番の決め手は
Cメロの声が全然違ってました。。CD音源と比べて。。

もう怖がんないで 怯まないで
失敗なんかしたっていい
拒まないで 歪めないで
巻き起こってる
すべてのことを真っ直ぐに受け止めたい

ここの声、桜井さんが感極まっている影響で、CD音源と違って
「失敗なんかしたっていい」
の、「ぱ」「たっ」が抑揚をつけていて。
「真っ直ぐに受け止めたい」
の「たい」の「い」の伸ばし方も抑揚をつけています。。
つまり感情的に発していました。

それを聴いた後、CD音源を聴くと全然違います。。
ということで口パクではないと思いました。

そもそも桜井さんはテレビ出演した際、口パクをしたくないらしいです。。

1994年に発売された5枚目のシングル「innocent world」発売時にNHKの「ポップジャム」に出演されました。
その収録がNHKホールで行われたと思いますが、そのときあからさまに口パクでした。w

「声が絶頂期のあの頃に口パクするなんて。。」
って思ってしまいましたが。

その口パクはミスチル側の意図ではなく、NHKさん側の意図で、それ以来「ポップジャム」を嫌いになったとか、ならないとか。。。(憶測です
その口パク以外は、どんなに喉の調子が悪くても生の声で歌っています。。
そこに桜井さんの歌い手としてプライドを感じますね。

余談ですが、「FNS歌謡祭」のここの場面。
ミスチル「FNS歌謡祭」で口パク疑惑をファン歴20年が判定!?
あの「終わりなき旅」を歌っているような桜井さんの仕草とJENさんのドラムに感じました。。^^

rAmazonで「ヒカリノアトリエ」を購入!

スポンサーリンク

ミスチルテレビ出演

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ

ミスチルのチャット旅