1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

スポンサーリンク

2015/01/10

ミスチルファンクラブツアーで披露した新曲を批評! part4

スポンサーリンク

前の日記の続きになります。
ミスチルファンクラブツアーで披露した新曲を批評! part3

ミスチルファンクラブツアーで披露した新曲批評!? part3
※この日記は「ミスチル21周年祭ファンクラブツアー」のネタバレとなります。
ご注意ください。。


この日記ではLIVEに参戦できなかった僕が、みなさんのレポートや桜井さんのインタビューを元に初披露した新曲を批評していくものです。。^^

※下記サイトを参考にしました。ありがとうございました。

初披露した新曲

  1. Melody
  2. fight club
  3. 斜陽
  4. 蜘蛛の糸
  5. I can make it
  6. タイトル未定(ゴミの歌)
  7. タイトル未定(不倫の歌)
  8. 進化論
  9. 足音〜Be Strong
  10. 幻聴
  11. 未完


※タイトル未定のものは省略させていただきます。

幻聴

この「幻聴」はミスチルメンバーお気に入りの曲のようで、次のアルバムのキー曲になり得るらしいです。
そして、あの鹿野さん(元ロッキンオンジャパンの編集者)もいい曲だとおっしゃってたこの「幻聴」。。

2015.2.7(土)〜2.27(金)の3週間限定で公開される、映画「Mr.Children REFLECTION」の予告動画でも少し流れてましたね。。

その映画予告はこちらです。

向こうで手招くのは
宝島などじゃなく

と歌っているところが「幻聴」になります。。

聴いた方の感想では「蘇生」や「擬態」のようなミディアムテンポの前向きな曲だとか。。

ところで、この「幻聴」という漢字2文字の曲名。
いいですねー。^^

すごい個人的な意見ですが、ミスチルの曲で、

漢字2文字の曲名は好きな曲が多いです。

  • ・深海
  • ・擬態
  • ・潜水
  • ・箒星
  • ・口笛
  • ・旅人
    • これらの曲が好きなのですが。。
      僕は漢字2文字の曲名で、1番始めに思い浮かべたのは「深海」でした。
      ※みなさんはどの曲ですか!?

      「深海」というミスチル5枚目のアルバムが発売された1996年は、

      小室哲哉さんがプロデュースした曲が流行った年でした。。

      その曲名は「I’m proud」「Don’t wanna cry」「Chase the Chance」など横文字の曲名ばかり。。

      そのときに「深海」というアルバム名は相当のインパクト。。

      深海ってなんだよ!?

      と、思っていたのですが。
      この日本語のアルバム名は、ミスチルのアルバムで後にも先にもこの「深海」しかありません。

      ということで、

      次のアルバム名は久々の日本語!?

      と思ってしまいますが。。
      ※実際、新曲は日本語の曲名が多いので、もしかしたら。。^^

      最後に。。

      「未完」

      この曲は、「ミスチル・ファンクラブツアー・ライブレポート!(Zepp DiverCity Tokyo)」。
      この方のレポートによると、「超名曲!!」みたいです。。

      感情的にただただエネルギーを爆発させて、どこに向かっているか分からないほどのパワーを持った曲とのこと。
      ライブではキーボードのSunnyさんもいない、
      ただミスチル4人だけでギターリフに乗せて奏でた曲。

      おそらくロックな曲なのではないでしょうか!?


      そういえば、LIVEでミスチル4人だけで演奏する曲って久しくなかったように思えます。。
      1996年から1997年にかけて行われたライブツアー「regress or progress ’96-’97」の1曲目「旅人」ではミスチル4人だけで演奏していますが、それ以来ではないでしょうか。。

      それ以降、LIVEで「独り言」「Mirror」などを、4人だけで演奏しましたが。
      それぞれ、「独り言」ではJENさんがハーモニカ、「Mirror」では田原さんがグロッケンなど、ギター、ベース、ドラムのバンドという形態ではなかったです。。

      このミスチル4人だけで演奏した「未完」。
      シングル「足音〜Be Strong」は、4人だけでも成り立つようなアレンジを意識したと桜井さんが話してたことから、今のミスチルを表現するにあたって、必然的に生まれた形態、曲ではないかと思います。。。
      楽しみですね。。

      と、長々と「ミスチルファンクラブツアーで披露した新曲」について書かせてもらいました。
      途中、新曲についてではなく、その新曲から連想したミスチルの過去曲について書いているという本末転倒に気づきながらも。。^^

rAmazonで「ヒカリノアトリエ」を購入!

スポンサーリンク

ミスチル新曲

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ

ミスチルのチャット旅