1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

スポンサーリンク

2014/11/08

ミスチル新曲「足音 ~Be Strong」ミュージックビデオと「光の射す方へ」!?

スポンサーリンク

ミスチルの新曲「足音 ~Be Strong」のミュージックビデオが「YouTube」のミスチル公式チャンネルで配信されました。

そのミュージックビデオはこちらです。

メンバーが歩きながら演奏してますね。^^

ミスチル新曲「足音 ~Be Strong」ミュージックビデオと「光の射す方へ」!?

このミュージックビデオのストーリーは歌詞をそのまま再現しているかと思います。

また一歩 次の一歩 足音を踏み鳴らせ

疲れて歩けないんなら立ち止まって

この足音を聞いてる 誰かがきっといる

ある意味、何もひねりのないストレートなミュージックビデオですね。。

ところで、過去にひねりがありすぎて、

えっ!!

と思わせたミスチルのミュージックビデオがあります。

それは1999年1月13日に発売された16枚目のシングル「光の射す方へ」です。


このミュージックビデオでは、この綺麗な女性が。。
ミスチル新曲「足音 ~Be Strong」ミュージックビデオと「光の射す方へ」!?

ミスチルメンバーにまとわりつくという構成となっています!

ミスチル新曲「足音 ~Be Strong」ミュージックビデオと「光の射す方へ」!?
この写真の男性は田原さんです。。

そして、最終的にはその女性が。。
ミスチル新曲「足音 ~Be Strong」ミュージックビデオと「光の射す方へ」!?

坊主(男性)だったというオチで終わり、ミスチルメンバーが騙されたという設定となっています。


これ、どういう設定だよ!!
と思って見ていましたが。。

どうやら、このミュージックビデオを制作した監督「丹修一」さんが、
「光の射す方へ」の歌詞で、

ストッキングを取って
すっぽんぽんにしちゃえば
同じもんがついてんだ

の部分の「同じもん」を男性のあれと解釈したために、このようなビデオを作られたみたいです。
※食事に誘った女性が、実は男性だったので騙されたという歌詞だと解釈されたみたいです。

その話をミスチルメンバーが、

丹監督の勘違いで。。

とおっしゃってたことから、その「同じもん」は女性のことを指すということが分かり、
その勘違いから、とんでもないひねりがあるミュージックビデオが作られたということになりますね。。^^

話が脱線してしまいましたが、新曲「足音 ~Be Strong」のミュージックビデオ解禁で、

曲をフルで聞けちゃって良いのかなと思ってしまいました。。

売上に影響しないのだろうか。。

rAmazonで「ヒカリノアトリエ」を購入!

スポンサーリンク

ミスチル新曲

  • Natalie

    今回のPVの雰囲気はちょっと「and I love you」のを似ってると思いますね。ドラマのため 作った曲だから、でっきり明るく表現したPVかもと思いましたが。実際に見ると 少し切ない気持ちを感じられます。でも、  

    ~~今という時代は言うほど悪くはない
    また一歩 次の一歩 靴ひもを結び直せ
    喜びを分かち合い 弱さを補い合い YEAH
    大切な誰かと歩いていけるなら~~

    この部分の歌詩イメージに良く合ってると思いますね。

    • Childrenくん

      Natalieさん
      たしかに!!
      「and I love you」に似ているかもしれないですね。。
      改めて見てみると似てました。。

      その「大切な誰か」は恋人ではなく、子どもにも当てはまることがPV見て分かりましたね。。^^

      コメントありがとうございます。

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ

ミスチルのチャット旅