1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

スポンサーリンク

2013/04/21

ミスチル「空風の帰り道」は恋人といるときに感じる錯覚を表現!?

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。
「ミスチルをこよなく愛するブログ」をどうぞよろしくお願いします。^^

今日はミスチルの11枚目のアルバム「シフクノオト」の8曲目で、シングル「HERO」のカップリング「空風の帰り道」について書きますね。
ミスチル「空風の帰り道」の時間の流れ!?

「空風の帰り道」の歌詞について

この曲は、バス停まで女の子と手をつないで歩ていくという歌詞ですね。
いろいろなことを思いながら。。。
彼女をバス停まで送っています。
そして、バス停まで彼女を送って帰ろうとしたら「向かい風」でしたという歌詞になります。

向かい風をうけて
一人でバス停まで
からっ風の帰り道

ということは、逆に彼女を送ってたときは「追い風」になるということですね。

追い風に背中を押されながら、彼女と歩いたということは

普通に歩くより早くバス停まで着いてしまったということになります。

そして、彼女と別れたら向かい風になるので、家に着くまでの時間が長いということになります。
(1人寂しい時間が長い。^^)

追い風と向かい風で恋人と過ごすときの時間を表現

この曲の歌詞では「追い風」と「向かい風」を用いて、恋人といるときといないときの「時間の妙」を表現しているかと思います。
恋人といるときの時間って早く流れるもんですよね。。^^
そして、恋人がいないとき物寂しいときは時間の流れが遅く感じるものです。
奥が深い歌詞ですね。

rAmazonで「ヒカリノアトリエ」を購入!

スポンサーリンク

シフクノオト

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ

ミスチルのチャット旅