1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

スポンサーリンク

2015/11/23

ミスチル「Door」を聴いて思うこと。。

スポンサーリンク

みなさん、こんばんは。
今日はミスチル12枚目のアルバム「I ♥ U」の10曲目「Door」について書きたいと思います。
ミスチル「Door」を聴いて思うこと。。
この「Door」。
桜井さんが歌った場所は、レコーディングスタジオではなく、

なんとそのレコーディングスタジオの屋上だったらしいです。


昼間くらいに録音されて、JENさん曰く、
「騒音にならなくて良かった。。」
とのこと。
桜井さんが歌っていることに周囲の住民は気づかなかったんですかね。。^^

「Door」を聴いて思うこと。。

「Door」の歌詞はこんな感じですね。

そのドアを開けてくれ そのドアを開けてくれ
もう何百回もノックして ノックしてるよ
居留守をつかってんのなんて 知っているよ 開けてくれ


で、「Door」を聴いてていつも思うことがあるんです。
それは。。

ドアを開けてあげなよ。^^

ってこと。。

「そのドアを開けてくれ」と叫んでいる桜井さんを聴いてると、そんなふうにいつも思ってしまうのですが、これは僕だけでしょうか。。^^
「開けてあげればいいのに。。」

「Door」作曲の経緯

まぁ、そんな「Door」ですが。
この曲ができた経緯はJENさんのある一言がきっかけらしいです。

それは、2曲目「Monster」が出来上がった時、そのMonsterのサビの歌詞が

Knock Knock
誰かいますか?
開けてくれますか?

だったので、JENさんが

「アルバムタイトルはDoorでいいんじゃない!?」

と提案されたとか。。

それを聞いた桜井さんは、
「ドアーズっていうバンドがいたし、なんか暗いイメージだから嫌だな」
と思い。
ミスチル「Door」を聴いて思うこと。。

「じゃあ、いっそのこと「Door」っていう曲を作っちゃおう!」

っていうことで桜井さんは作曲されたらしいです。。
桜井さん、すごい。。^^

JENさんの一言で曲が生まれることが。。

その「Door」の他にもJENさんのある一言がきっかけとなって、曲が生まれることがあります。

1つ目は「It’s a wonderful world」

これは、10枚目のアルバム「IT’S A WONDERFUL WORLD」の3曲目「Dear wonderful world」を作った際に、桜井さんは「この醜くも美しい世界」というタイトルにしようと思い、それをメンバーに告げると。
JENさんが「Dear wonderful world」にしようと提案されて、それがタイトルになったらしいです。

そして、そのままアルバムタイトルが「IT’S A WONDERFUL WORLD」になり、

「Dear wonderful world」で、言い足りないことがまだある!

ということで、その続きとして「It’s a wonderful world」を作曲したとか。。

2つ目は「天頂バス」

アルバム「シフクノオト」制作時に、JENさんが桜井さんに、

「Aメロ、Bメロ、サビっていう曲の展開じゃなくて、もっと違うものを作ってみたい。」

と提案されて、桜井さんが
「じゃあ、JENが作ればいいじゃん。」
と初めは思われましたが、その一言がきっかけに曲の展開が全く読めない「天頂バス」を作曲されたらしいです。。


ということで「Door」、そろそろ開いたかな。。^^

rAmazonで「ヒカリノアトリエ」を購入!

スポンサーリンク

I ♥ U

スポンサーリンク

r一緒にミスチルを応援!

;月別アーカイブ

b動画カテゴリ

ミスチルのチャット旅